看護師 結婚

看護師にとって仕方ない退職理由

看護師の転職理由には仕方ないものもある

看護師は様々な理由で転職しますが、その転職理由に関しては仕方ないものもあります。それは結婚による、いわゆる寿退社です。もちろん、結婚後も看護師として仕事をし続ける方も多くいますが、結婚後に看護師を続けるかどうかは、自分1人では決めることができません。看護師の仕事は非常に激務であり不規則であるため、結婚相手からの全面的な支援・理解がないとなかなか難しいのです。

看護師も結婚を機に働き方を考えるようになる

看護師自身も結婚を機に、働き方を考えるようになります。例えば、夜勤がない職場で働きたいであるとか、土日祝休みの職場で勤務したい、もしくは正社員ではなくパートでの勤務に切り替えるなどもあります。もちろん、結婚によって生活環境が変化することも考えた上で働き方を考えるのですが、転職する際の面接での条件面の説明がしやすくなるので、このタイミングで働き方を考えることになっている場合も多いです。つまり、もともと転職したかったがなかなか踏み出せずにいたのが、結婚を機に思い切って転職できるということですね。結婚後も夜勤をしたり、独身時代と全く変わらないシフト制で勤務する看護師もいますが、そういった方はそれ相応の覚悟をもって仕事を行うことが必要です。家事がおろそかになってしまうと、結婚相手から不満が出てきますし、あまり顔を合わせる機会がないという状況にもなりかねません。実際に看護師の離婚率は高くなっていますので、注意が必要ですね。