看護師 結婚

看護師の離職理由2位は?

「転職するか」「続けるか」は配偶者にかかっている

看護師が結婚して離職するのか、それとも続けるのかは、配偶者と自分の実家の協力体制が大きく関わってきます。特に結婚相手の経済状況が看護師の離職・転職に与える影響は大きく、長引く不況の中、一家の経済的な問題を解消するために仕事を続ける看護師もたくさんいます。それでも女性が家の外で働く場合、やっぱり「仕事だけをする」というわけにはいきませんよね…。そして家事や子育てをこなしながら仕事をするとなると、超過勤務や休日の勉強会・夜勤なんて無理な場合も出てきます。そこで今いる大病院を一旦離れて中規模の民間病院やクリニックなどへの転職を考え始めるという流れです。結婚前にはパートナーとしっかりと、経済面や生活面での問題点などを話し合っておきましょう。中には看護師の仕事よりもずっと規則正しい仕事・生活をしている旦那さんの場合、家事・送り迎え・マッサージまでこなしてくれる素晴らしい人もいるようです(笑)ま、でも病棟夜勤をしている看護師の旦那さんってみんなすごく協力的な人が多いですね。逆に協力が期待できない場合はさっさと辞めて一人で家事・子育てと両立できそうな職場を探すってことです…。

 

看護師の離職理由2位は結婚

看護師のなかでは結婚を理由に離職する人の割合も高くなりますが、その割合は「妊娠・出産」に次いで2位となります。結婚する時点で「子供ができるまでは何とか頑張る!」「子供ができるまで続けたらちょっとでも退職金が増えるから…」というように、大まかな方向性について考えておく人たちに次いで、「寿退職」を目標に忙しい仕事と恋愛をかけもちしている若い看護師が多いことを示しているデータですね(笑)夜勤の休憩時間には同僚同士で「結婚して子育てしながらクリニックでパートするのが夢だわ〜。」なんていう会話をしながら、日々の業務と看護に追われている看護師たち…。

 

 

看護師の転職情報/妊娠・出産・結婚/TOP