看護師 離職

看護師の転職理由に1番多いのは?

看護師の離職理由1位は妊娠・出産

 

看護師の離職理由として一番多いのは「妊娠・出産」です。最近は男性でも看護師を目指す人の割合が年々増加傾向にあるとはいえ、まだまだ女性が多い看護職…。その分「妊娠・出産」という女性にとってのライフサイクルの大転換期をきっかけに仕事を離れる人が多くなるということですね。もちろん正社員の場合は産前・産後休暇と育児休暇を取得して職場に復帰する看護師もいますが、いざ子供が生まれてみると子育てと家事と看護師をすべて両立させることが想像していた以上に大変だと気付き、そのまま退職してしまうケースもたくさんあります。また看護師の仕事はその他の職種とは違って、夜勤や立ちっぱなしでの重労働などをこなさなくてはならない仕事です。自分の体調だけではなく、生まれてくるあかちゃんの事を気遣って退職に踏み切るという人も多くなります。おなかの子に何かあった時「お母さんのせいではないよ」とみんなから言われたとしても、きっと自分を責める事になると考えてこのような決断をするのです…。

 

妊娠・出産を機にワーク・ライフ・バランスを見直す看護師が多数

 

看護師の離職理由の1位が「妊娠・出産」となる背景として、卒業後初めて就職した病院が新人教育に力を入れているような大規模病院だったという看護師の割合が多いということも考えられます。そのような大規模病院では病棟正社員の場合は夜勤は必須となり、それに加えて仕事の後の勉強会・研修への参加やその準備、超過勤務などに追われることになります。まだまだ若い独身貴族の時代は乗り越えることができる生活スタイルですが、自分の事よりも家族を優先させようと考える女性の大半は、このようなワーク・ライフ・バランスを「妊娠・出産」を機に見つめなおすことになります。看護師たちの多くはこのようにして、新人看護師時代から必死で働いてきた病院を離れていくんですね…。

 

 

看護師の転職情報/妊娠・出産・結婚/TOP